へなチキワークス

無い物は造ればいい! へなちょこでチキチキなDIYや自転車や楽器、バイクなどの趣味や日々の出来事

【スポンサーリンク】

【骨折日記⑥】32日目 ギプス継続 少しずつ体重をかけて歩く練習を開始

【スポンサーリンク】

f:id:henatikihituji:20190306081810j:plain

藤沢市民病院外観

おはこんばんちわ!

自宅でのキャスター付きオフィスチェアとケンケンでの移動にもすっかり慣れたみやなー。です。

 

慣れとは怖いもので、普通に立っている時間よりも座っている時間の方が長い事に違和感を感じなくなってきました。

2本の足で歩いていたのが昔の事のようです。

 

2月の4日にスキー中の転倒で右足首を骨折してから早いもので1ヶ月ちょいが経過しました。

簡易固定の「シーネ」からガッチリ固める「ギプス」に治療がステージアップして2週間です。

 

予定通り行けばギプス付きで歩けるようになるという話なので、ドキドキワクワクしながらすっかり行き慣れた藤沢市民病院へと向かいます。

 

 

3科受信! 今日は1日病院にいることに!?

f:id:henatikihituji:20190306111535j:plain

藤沢市民病院 内観

 

整形外科の診察はお昼ちょい前ですが、今回は他の科の診察もあるので朝イチで病院です。

 

気付けばもう1年半経ちますが、会社の健康診断に引っかかり、腎臓病にかかっている事が発覚しました。

 

「特発性間質性腎炎」というそうで、神奈川県内でも症例の少ないレアケースだそうです。

 

ともあれ、その腎炎の診察と、ステロイド剤服用の副作用のために眼科、そして骨折の治療のために整形外科と、3つの科をハシゴします。

 

なんだかすごく重病人になった気分ですが、いろいろと慣れてきたのでサクサク進めましょう。

 

早めに到着 受付も早めに開始?

f:id:henatikihituji:20190306082914j:plain

市民病院総合受付(イメージ)

 

藤沢市民病院は名前の通り市立病院です。

公的機関の業務開始時間は8時30分なので、市民病院もこの時間に受付スタートとなります。

 

病院に8時20分頃に到着です。

時間前でも建物内には入れるので、まずは「再来受付機」に診察カードを入れて再来受付をしましょう。

今日の診察や検査の予定表をファイルに入れて、総合受付へと向かいます。

 

毎月はじめの受付の時に、保険証を確認するのはどこの医療機関でも同じだと思います。

藤沢市民病院では1番右端の「保険証確認」の受付で保険証の確認をしてもらいます。

 

まだ時間前なので受付前の椅子に座って待っていると、何人か普通に受付をしています。

あれ、時間前でも受付してるのかな?

 

試しにお願いしたら普通に受付してけれました。

時間前でも受付してもらえると、混雑緩和になっていいですね♪

 

いつもより空いてる 血液検査

f:id:henatikihituji:20190306083821j:plain

検査のための採血(イメージ)

受付を済ませたらまずは採血と採尿です。

採血室の前の受付機に診察カードを入れると採血受付票と採尿コップが出てきます。

 

隣接のトイレで採尿して、トイレ内のトレーにコップを置けば採尿終了です。

 

採血はモニターと音声で受付票の番号が呼ばれるシステムです。

毎回採血で30分以上は待つので、ここからは覚悟を決めてのんびり待ちましょう。

 

この時点でまだ8時25分位です。

採血は業務開始時間前にははじめないみたいですね。

 

僕の受付番号は21 番でした。

つまり、僕の前に21人の人が採血待ちをしています。

みんな早いなぁ。

 

業務開始時間になって、いよいよ採血の開始です。

ポーン♪

と案内音声が流れて次々と採血カウンターに呼ばれて行きます。

 

最初は6番から。

あれ、1~5番は?

多少の前後はあるものの、割と早めに呼ばれてスムーズに採血できました。

止血のためのテープを貼ってもらって採血完了です。

 

結局僕がいる間に1~5番の人は呼ばれませんでした。

ミステリーです。

 

こちらもサクサク♪ レントゲン撮影

f:id:henatikihituji:20190306085159j:plain

2階 レントゲン撮影室前

腎臓内科の診察の前にレントゲンも済ませてしまいましょう。

そうすれば後々の診察がスムーズです、たぶん。

 

採血室は2階でレントゲン撮影室は3階です。

1階上がるのにエレベーターはちょっと面倒臭いのでエスカレーターで登りましょう。

 

エスカレーター前まで松葉杖で歩いていき、乗る時はケンケンです。

はために見てちょっと危なっかしいかな?

 

放射線受付」でレントゲンの受付をして、呼ばれるのを待ちます。

いつもならだいたい30分位ですが、タイミングによってはすぐに呼ばれます。

 

今回はすぐに呼ばれました。

毎回こうだととてもありがたいですが、混む時もあるので長い待ち時間も仕方ありません。

すぐ呼ばれたことを素直に感謝しましょう。

 

レントゲン撮影は足の角度を変えて4枚撮影します。

スタッフの男性はいつも親切丁寧です。

撮影台の動き以外はとてもジェントルですね。

 

文句をいうつもりはありませんが、撮影台の

「がっ」と動きはじめて「どかっ」と止まる

動作には毎回びっくりします。

ちょっぴりだけど。

 

いつもこうならいいのに 腎臓内科

f:id:henatikihituji:20190306094648j:plain

腎臓内科診察(イメージ)

 

検査が終われば次は診察です。

検査結果が出るまで時間がかかるので、腎臓内科の診察受付を済ませて待ちましょう。

いつもなら余裕で1時間以上待ちます。

今回はどうでしょう・・・?

 

およそ1時間待って診察室に入れました。

いつもの待ち時間に比べれば異例の速さです。

 

病棟での入院患者さんの診察がおしていた事も考えるともはや奇跡レベルです。

でも、いつもこうだといいなぁ。

 

血液検査の結果、腎臓の働きを示すクレアチニンという数値は1.42でした。

正常値には遠いですが、少しずつ良くなっています。

 

今回の診察からステロイド剤の量を7.5g→5gに減らす事になりました。

年内には投薬そのものをやめられるだろうとのこと。

 

少しずつ病気が良くなっていることに感謝です。

 

きました長時間待ち 安定の眼科 診察短め検査長め

f:id:henatikihituji:20190306095318j:plain

視力検査の時の例の画像


僕の経験上、藤沢市民病院で1番待ち時間が長いのは眼科です。

患者さんが多い上、診察や検査に時間がかかるので仕方ないですね。

 

わかってます。

えぇ、わかってますとも。

でもやっぱり、毎回3時間以上待つのはちょっとどうにかならないでしょうかと思ってしまうのは人情だと思います。

 

こちらも受付を済ませて呼ばれるの待ちます。

いつもの流れなら、視力、眼圧検査→瞳孔を開く目薬(散眼)→眼球内撮影→診察です。

 

診察以外の検査はそれ程時間ががかりませんが、ひとつひとつに待ち時間が発生します。

合計の待ち時間はなかなかの長さになります。

待ち疲れちゃう。

 

今回はいつもよりは待ち時間短めでした。

それでも気付けば2時間は待っています。

もう慣れましたが、時間がもったいない、とも思いますね。

 

検査や診察の結果、ステロイド剤の副作用の網膜剥離の症状に変化なし。

様子見を続けましょうとの事でした。

 

いつもは若い女性の担当医が眼球に光を当てながらじっくりと眼球内の様子を見てくれるのですが、今回は男性の医師で、「変化ないですね、引き続き様子を見ましょう。」みたいな感じでサクッと診察が終了しました。

 

医師も人間です。

多少の診察の違いは仕方ありません。

でももう少し丁寧に診て欲しかったなぁ。

 

早めのお昼 思わぬ交流も

f:id:henatikihituji:20190306100658j:plain

サンドウィッチとコーヒー

 

眼科の診察が終わった時点ですでに整形外科の予約時間を過ぎています。

しかしこのまま整形外科に行くと

お昼ご飯を食いっぱぐれます。

先にぱぱっとお昼を済ませましょう。

 

藤沢市民病院内にはドトールコーヒー併設のレストランとローソンが入っています。

レストランだと時間がかかるので、ローソンでサンドイッチと飲み物を買いましょう。

 

ローソン前のイートインスペースは割と混むので、基本的に相席です。

穏やかな老夫婦にことわって相席しました。

 

奥さんがギプスを見て「骨折?」と話しかけてきたので応えていると、旦那さんも腎臓内科にかかっているとのこと。

 

見ず知らずの人と腎臓トークに花が咲く。

一見シュールなふれあいのひと時に少し心が和みつつ、サンドイッチを詰め込みます。

 

挨拶して足取りも軽やかに(松葉杖だけど)整形外科へと向かいましょう。

 

いよいよ本命 経過観察でギプスカット?

f:id:henatikihituji:20190306101620j:plain

レントゲン写真を見ながらの診察(イメージ)

 

いよいよ本日のメインディッシュです。

受付から1時間半ほど待って診察室に呼ばれました。

 

レントゲン写真の様子は問題ないようです。

実は一度ケンケン中につまずいで右足を強めについてしまったので、くっつきかけた骨がズレてないか心配でした。

 

まだちゃんとくっついてはいないけれど、ズレてもいないそうなのでひと安心です。

治療の経過はまずまず順調のようでこれもひと安心。

 

風の噂ではギプスを付けて2週間すると足が痩せるので、1度外して作り直すそうです。

しかし特にそんことはありませんでした。

 

確か前回の診察ではギプスを付けて2週間経ったらギプス付きで歩ける、と聞いた気がします。

今回の診察では歩くのは不可との事でした。

うーん、早く歩きたい!

 

まずは20kgから 少しずつ体重をかける

f:id:henatikihituji:20190306102409j:plain

片足で20㎏の負荷

 

歩くのは不可ですが、少しずつ体重をかけて歩く練習をするそうです。

まずは1週間、右足に20kgの負荷をかけていきます。

 

20kgと言われてもピンときません。

体重計に足を乗せて体重をかけてみましよう。

なるほど、これくらいか。

 

この「20kg」の負荷を意識しつつ、松葉杖を補助にして歩く練習をします。

ギプスにはゴムのカカトが付いているので多少はマシですが、やっぱり歩きにくい・・・。

 

完治を目指して歩く練習に励みましょう。

家の中ではキャスター付きオフィスチェアでの移動をやめて、お隣さんから借りた杖を使って歩くようにするといいかもしれません。

 

1週間過ぎたら今度は負荷を40kgに上げます。

これは普通に立つのと同じくらいの負荷ですね。

 

歩くのは不可ですが、

日常の不便さはかなり軽減されそうです。

 

今後の治療予定

f:id:henatikihituji:20190306103645j:plain

治療のスケジュール(イメージ)

 

予定ではギプスをするのは計4週間です。

半分の2週間が過ぎて、残りの2週間が過ぎればいよいよギプスカットです。

 

無事にギプスを外せるように安静と運動のバランスを見ながら過ごしましょう。

 

担当医曰く、ギプスを外したら垢だらけだそうです。

4週間も洗わなければそりゃもう凄いことになっているでしょう。

早くお風呂で洗いたい!

 

ギプスが外れたら次はリハビリです。

4週間固定した関節は固まって動かなくなるそうなので、きちんと動くようにしなければ日常生活に支障がでます。

 

リハビリは市民病院ではなく、以前お世話になった森川整形外科クリニックへ行く予定です。

 

ギプスが外れれば自転車にも乗れるかな?

再び歩いたり自転車に乗ったりできるようになるのが楽しみです。

 

病院に長時間いて思ったこと

今回は3つの科をハシゴしたため、かなりの長時間を病院ですごしました。

待ち時間の合計は6時間ほどです。

 

それだけの時間を「待ち」で過ごせば、多少なりとも心が荒みそうですが、意外と穏やかに過ごすことができました。

 

藤沢市民病院は大規模な回収工事をしています。

改修前の評判は良くありませんでしたが、改修後は上々です。

 

病院全体の雰囲気がいいので、長時間待っていてもあまり苦にならないのかもしれません。

 

昼食の時の老夫婦とのふれあいのひと時にも心を癒されました。

 

改めて思うのは、やっぱり人とのふれあいは大切ですね。

1人で過ごすプライベートな時間もいいですが、誰かと過ごす団らんの時もいいものです。

 

そんな小さな幸せを感じつつ、次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

生命保険の無料相談/見直し【保険GATE】

【スポンサーリンク】