へなチキワークス

無い物は造ればいい! へなちょこでチキチキなDIYや自転車や楽器、バイクなどの趣味や日々の出来事

【スポンサーリンク】

【骨折日記④】11日目 行けるかネクストステージ!? 市民病院外来へ

【スポンサーリンク】

f:id:henatikihituji:20190306081810j:plain

藤沢市民病院外観

おはこんばんちわ!

家の中でケンケンするのがちょっと上手くなってきたみやなー。です。

紆余曲折あった市民病院での診察から1週間が経ちました。

早ければ今日でシーネを卒業し、ギプス固定にステージアップです。

ドキドキしながら市民病院へと向かいます。

 

 

まずはレントゲン 遅めの時間はベリースムーズ

f:id:henatikihituji:20190212113002j:plain

3階放射線受付

今回の予約時間は12:00からの診察です。

お昼間際のが混まないとの先生の配慮です。

ありがたやー。

 

診察の前にレントゲン撮影があるので、30分前に3階の放射線受付へと向かいます。

僕の経験上ここでの待ち時間はおよそ30分です。

のんびり待ちましょう。

 

予想に反してすかさず呼ばれました。

この秒殺呼び出しは過去最短です。

次回もこの位の時間にしてもらおう。

デメリットはお腹が空くことです。

食べて出るには早いし帰ってから食べるのはちょっと遅めです。

ですが長々待つことを考えれば贅沢は言えません。

 

レントゲンは4枚、ポーズを変えて撮影します。

担当スタッフは親切丁寧でグッドです。

新装市民病院の評判は上々です。

 

ついに来たぜ診察! ステージアップなるか!?

f:id:henatikihituji:20190212113836j:plain

整形外科受付前で待つ

レントゲンが終わればいよいよ診察です。

整形外科の受付を済ませてモニターに受付番号が出るのを待ちます。

が、ここで不足の事態に陥ります。

スムーズすぎで予約時間前に着いてしまいました。

まぁ、待つのは慣れてるのでのんびり待ちましょう。

 

シーネ継続か!? それともギプスに移行か!?

ギプスになればもう少しあれこれ動き回ってもいいっぽいとの噂です。

ドキワクしながらモニターに番号が出るのを待ちましょう。

 

・・・例によってなかなか呼ばれません。

結局2時間待って、いよいよの診察です。

包帯を剥がしてシーネを外し、腫れやむくみを診てもらいます。

 

腫れはだいぶ引いてきてるけど、まだもう少しとのこと。

結局今回のギプスへの移行は見送り、来週からギプスにしましょうということになりました。

ちょっぴり残念ですが、また1週間頑張りましょう。

 

松葉杖での歩行はなかなかハード

f:id:henatikihituji:20190212170055j:plain

松葉杖で歩く

足首骨折中に足をつくのはNGです。

普通に歩こうと足をつこうものならせっかくくっつきかけた骨が即座に分離します。

ザ、モトノモクアーミ。

 

足の骨折時には松葉杖を使います。

軽量高剛性のアルミ合金製。

メイドインジャパンのハイレベルな工業製品です。

とにかく軽量、そして脇パッドとグリップ、地面とのコンタクト部分ははソフトかつしっかりグリップします。

まことにユーザーフレンドリーです。

しかしこの松葉杖の使い方は少しコツがいります。

コツ折だけに。 うぷぷ。

 

 ・・・松葉杖で歩く時はまず松葉杖からです。

そしてぴょーんと足を出します。

あまり大幅に出し過ぎない。

ヘタすると転びます。

ちょこちょこ進みましょう。

結構疲れますが。

 

階段はややハードル高めです。

登りは足からです。

松葉杖を支えにぴょんと1段登り、足を支えに松葉杖を設置します。

下りは松葉杖からです。

先に松葉杖をかちゃっと降ろし、足をすとっと卸します。

登りも下りも焦りは禁物です。

階段での転倒はかなりデンジャラスです。

そして松葉杖での歩行は疲れます

基本的に遠出は避けましょう。

 

自宅内の移動方法

f:id:henatikihituji:20190213052700j:plain

キャスター付きオフィスチェア

松葉杖は室内でももちろんOKです。

しかし室内の場合は足元のアレコレが引っかかって転倒の危険があります。

広いスペースで足元がごちゃごちゃしてないお宅は問題ありません。

そうでない場合は注意が必要です。

そして室内での松葉杖移動は意外と面倒くさです。

 

僕は基本的にケンケンで移動します。

ケンケンはトレーニングにもなります。

結構ハードです。

そんな時はキャスター付きの椅子を使いましょう。

移動が楽ちんです。

 

 ただしイスで移動できるよう足元のスペースは確保しておく必要があります。

松葉杖、ケンケン、キャスター付きイスをバランス良く使って骨折中の室内移動を快適にする事が治療中のストレスフリーにも繋がります。

 

今後の治療過程(予定)

f:id:henatikihituji:20190212171121j:plain

レントゲン写真を見ながらの診察(イメージ)

次回の診察は1週間後です。

予定通り腫れが引けばいよいよギプス固定です。

ギプスは経験がないのでちょっとドキワクです。

 

ギプスでの固定期間は4週間、そのうち2週間は引き続き足をつかないようにし、その後の2週間は足を着いても大丈夫だそうです。

 

ギプスが外れたら足首が動くようにリハビリです。

期間は1週間~2週間です。

個人差があるので何とも言えませんが、1週間でリハビリを終えたい所存です。

 

リハビリを終えれば社会復帰です。

 ギプスが外れたら自転車にも乗れるかな?

常生活に胸をときめかせつつ、次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

 


 


 

ひざの痛みを徹底研究して生まれた家庭用電気治療器

 

テーピングとサポーターがひとつになった「ヒールロッカー・サポーター」

【スポンサーリンク】