へなチキワークス

無い物は造ればいい! へなちょこでチキチキなDIYや自転車や楽器、バイクなどの趣味や日々の出来事

【スポンサーリンク】

DIYに必須! 作業台はあなたの欲望番外地

【スポンサーリンク】

f:id:henatikihituji:20181211015327j:plain

カンタン便利な簡易作業台

おはこんばんちわ!

頭の中はいつも妄想お花畑のみやなー。です。

DIYに必要なもの、それは道具、材料、アイデア、作りたい気持ち、そして作業台!

 

DIYに必要だけどあまり知られていない「作業台」について紹介します。

DIYで何かを作る時、どうやって作るか想像(妄想も)するのは楽しいですね♪

どんな構造にしてどんな材料を使って、そのために必要な道具はあれとこれとー。

 

しかしその想像や妄想を現実にするには、道具や材料も大切ですが、もっと大切なものがあります。

 

 

作業台は夢の城

f:id:henatikihituji:20181213072859j:plain

材料を固定できる作業台

僕の働く職場では、簡易的な作業台などを手作りする事があるのですが、その作業をする際、床にベニヤ板などの材料を置いて、カットする線を引いたり、ネジを締めたりする人がいます。

 

これでは単にやりにくいだけでなく、道具や材料が床に散らばってなくしたり踏んだりする危険もあります。

作業台があれば自分のやりやすい高さで作業することができるので、やりやすく、材料や道具が床に散らばったりすることもありません。

 

何より、作業台があると、「やるぞ!」という気持ちになります。

また自分なりにカスタムすることで、まるで自分のガレージのような感じで気分が盛り上がります。

 

折りたたみ可能な簡易タイプなら使わない時はたたんでしまえて場所とらず
f:id:henatikihituji:20181213072724j:image

作業台には頑丈な構造のものと、簡易的なものがあります。

簡易的なものでも極端に重い物を扱わなければ強度は充分だし、折りたたむ事ができるものは使わない時にたたんでしまえるので場所をとりません。

 

物を置くだけじゃなく、固定する事も

f:id:henatikihituji:20181213072859j:image

日曜大工的な目的で使われる簡易的な作業台は、たいてい2枚の板が組み合わされ、ハンドルを回せば板の間隔が調整できるようになっています。

 

これは作業する材料のサイズに合わせて作業台の大きさを変えられるだけでなく、治具(作業台に材料を固定するためのもの)を使って材料を固定することができます。

これにより、作業中に材料が動いたり、落ちたりすることがないようにできます。

 

工具を収納して広々作業スペース! 2Sで楽しく安全なDIY

作業台の足の部分には、ドライバーやペンチ、プライヤーなどの工具を差し込む穴があいているものがあります。

ここに工具を入れておけば、作業台の上を広く使う事ができ、使いたい工具をいちいち工具箱から出し入れする手間がなくなります。

2S(整理整頓)で安全に楽しくDIYしましょう。

 

追加の工具で作業性をアップ!

付属の治具を使って材料を固定することができますが、それに加えて、万力を取り付ければ、小さな材料の固定をすることもできます。

またバークランプなどのクランプを使って材料を固定すると、より作業性が良くなります。

 

作業台があるとないとではできる作業性がまったく違う

いかがでしたか?

作業台があればあなたのDIYライフの幅がぐっと広がります。

サイズや構造、値段はいろいろありますが、まずは安いものでいいので購入してみましょう。

 

僕の使っている作業台は3千円程でした。

作業台があると材料の固定が楽にできるし、切ったりネジを締めたりも楽です。

折りたためるものは使わない時はしまっておけるのでジャマになりませんね。

あなたのDIYライフが豊かで楽しくありますように!

 

【スポンサーリンク】