へなチキワークス

無い物は造ればいい! へなちょこでチキチキなDIYや自転車や楽器、バイクなどの趣味や日々の出来事

【スポンサーリンク】

僕のバイク史 そのいち

【スポンサーリンク】

はじめて運転免許を取得して以来、思えば色々なバイクに関わってきました。

振り返ってみれば浮気症?な僕のバイク歴を紹介します。

 

 

人生のターニングポイントポイント? 車好きからバイク好きに ヤマハ ジョグアプリオ

f:id:henatikihituji:20181203073431j:plain

ヤマハジョグアプリオ

思えばこれが僕が初めて運転したバイクでした。

(はじめてのバイクは母の知り合いがフットボードに乗せてくれたホンダのディオだったと思います)

当時高校生だった僕と友人で集まっていた時に、ちょっと乗らせてもらったら世界が一変しました。

 

その日からそれまで興味のなかったバイクという乗り物に興味を持っことになるのでした。

最近ではすっかり見なくなった2サイクルゼロハン(昔は原付をゼロハンと呼んだりしました)スクーター。

 

丸みを帯びたシルエットは可愛らしく、しかしてなかなかのポテンシャルを秘めていました。

メットインとグローブボックス(ハンドル下のスペース)が広く使いやすいバイクです。

 

リアキャリアは同年代の「ビーノ」のリアグリップと交換することができます。

 

もうだめだ! バイクを買うと決意したきっかけ ホンダCRM50

f:id:henatikihituji:20181203073602j:plain

ホンダCRM50

NSR50やNS-1、さらに古くはMTX50やNS50Fと同系列のホンダお得意?水冷2サイクルエンジンを搭載した入門モトクロッサー。

 

小さめな車体は小柄な体格でも扱いやすく、しかし規制いっぱいのハイパワーで大柄な人でも満足できたという。

友人所有のこのバイクを運転させてもらった時に、「自分もバイクに乗る」と決意したのでした。

 

ポンコツからはじめよう 欠品だらけの未完成 ヤマハTZR50(3TU)

f:id:henatikihituji:20181203073756j:plain

ヤマハTZR50(3TU)

ゼロハンにもレーサーレプリカをという要望から作るれたらしいハイパワーゼロハン。

原付らしからぬ豪華な造りも話題になりました。

 

このバイクそっくりな市販レーサー「TZ50」もあり、レーシングテクノロジーを惜しみなく注ぎ込まれた1台。

血迷って購入した欠品だらけのTZR50は完成せずに終わってしまったけれど、その時の経験は後のバイクライフに活かされるのでした。

 

ポンコツ街道まっしぐら! 真夏に押して持って帰った ホンダ イヴパックス

f:id:henatikihituji:20181203073910j:plain

ホンダイヴパックス

TZR50の修理を諦め泣く泣く処分し、平塚市の某バイク屋さんで見かけたホンダ製スクーター。

直線的なボディラインとキャンディカラーの鮮やかさに人目惚れし衝動買い。

その価格なんと1万円!

 

しかし運ぶ事を考えていなかったため、真夏の約9kmを押して帰ったのでした。

欠品もなく、状態も悪くなかったため、本を片手に修理したものの、友人に譲ってもらった2サイクルオイルが原因でオイルポンプを壊し、しかもそれに気付かず何度もシリンダーとピストンを交換したという、今となっては良い思い出のバイク。

当時はオイルの「硬さ」なんて気にしていなかった僕でしたとさ。

 

隣の芝が青すぎる!  スーパーカーみたいに見えた250cc4気筒 カワサキZXR250R

f:id:henatikihituji:20181203074027j:plain

カワサキZXR250

CRM50からステップアップして「大人の階段」を登った(当時高校生だった僕達は卒原付を「大人の階段を登る」と言っていました)友人Hくん。

このマシンは友人たちの憧れの的だったのです。

 

そんな彼は箱根Tラインで転倒し、バイクがバスに「踏まれる」という事件を起こしたのでした。

f:id:henatikihituji:20181207212541j:plain

修理されたHくんのZXR250

 

メットインどころかバッテリーもないよ! ウインカーONであれ?トラックがバックしてくる? ホンダ イブスマイル

f:id:henatikihituji:20181203100755j:plain

ホンダイヴスマイル

イブパックスの修理に疲れた僕は再び平塚市バイク屋さん、ていうかバイク解体屋さんへ。

そこで見かけたのはやけにスリムな、今どきの便利装備の一切ない、シンプルなスクーターでした。

 

年式的にメットインがないのはいいとして、まさかバッテリーもないとは!

なので当然セルスターターなどはさもなく、エンジン始動はキックのみ。

そしてウインカーを点けると「チッカチッカ」とは言わずに「ぴーっぴーっ」と鳴る不思議なバイクでした。

 

はじめてウインカーを点けたとき、すぐ近くでトラックがバックしてくるのかと思ってキョロキョロした僕でした。

 

 

ひつじ。バイク史 そのに - へなチキワークス

 

僕のバイク史 そのさん - へなチキワークス

 

 

 短期間で免許を取りたい方はこちら

【スポンサーリンク】